Category Archives: 漫画

GANTZ 28巻の発売日決定!

いやぁ、お久しぶりですがいよいよGANTZ28巻の発売日が決定しました。
当初からの5月発売の予定どおり、5月19日発売です!

Amazonの方では、すでに予約も開始しています!

物語もいよいよ絶望的なクライマックスを迎えてます。
発売までまだ日がありますが、一刻も早く読みたいものですな!

GANTZ コミック 27巻発売!

gantz27an0

いやぁ、更新さぼっている間に、スパムコメントが1000件くらい来てました。
コミック27巻も発売されて、読み終わってやっぱり思うのね。

「GANTZ」って、おもしれ~!

という事で、更新再開します。

続きを読む »

GANTZ 23巻 発売 「発売日は・・・」

待ちに待ったGANTZコミック23巻の発売日が決まりました。

発売日   2008/05/19(Mon)
タイトル GANTZ 23
出版社   集英社
著者     奥 浩哉
定価     \650

僕は結果を楽しみにする性質なんで、ヤンジャンの方の展開は知らないんですが、前回のぬらりひょん編の続きになります。どうなるんだろ~??今からめちゃめちゃ楽しみです。

購入・予約はこちら

GANTZ 岸本恵フィギュア 水着バージョン

岸本恵 水着フィギュア

GANTZの岸本恵が、肌もあらわなガンツスーツバージョンでフィギュア化 に続いて水着Ver.の岸本フィギュアも発売された。岸本恵の水着バージョンが遂に立体化!GANTZのフィギュアの立体化が初の商品化でむっちりした水着姿の造型で再現!GANTZの独特の世界観にひたれますよ!揺れるおっぱいまでは、再現できておりませんが、その大きさ、強烈さ、エロさ、セクシーさは、原作の岸本恵そのもの!

SIF EX GANTZ 岸本恵 水着Ver (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

GANTZの岸本恵が、肌もあらわなガンツスーツバージョンでフィギュア化

岸本恵フィギュア

 週刊ヤングジャンプで奥浩哉氏が連載しているコミック「GANTZ」。2004年にはTVアニメにもなり、過激さゆえに、地上波では一部放映できなかったほど。DVD化やCS放送の放映ではノーカットバージョンとわざわざ断り書きが入り、収録・放映されたほどだ。

 これは「GANTZ」という作品が、生死をかけた戦いを描いている作品だからだ。“ガンツ”という黒い球体に集められ、異星人との戦っていことになる主人公達。しかも呼び集められた人間は、一度死んでいるという設定だ。主人公達に予め与えられた死という設定、そして戦闘で敵味方に訪れる死。その死から逃れるための戦いという生死が濃密に関わってくる世界観も魅力のひとつ。
 また作中にはセクシーな女性キャラが多く、今回フィギュアとなった「岸本恵」は初期のヒロインキャラだ。人目を引く大きな胸が特徴で、作中で“ガンツ”からも“巨乳”と呼ばれていた。

岸本恵フィギュア画像1岸本恵フィギュア画像4

 異星人との戦闘では特殊な武器や装備が利用でき、“ガンツスーツ”や“Xガン”といった独特のアイテムが登場していたが、今回発売された「岸本恵」もその“ガンツスーツ”を装着している。しかも全身を覆った姿でなく大事なところだけを隠して、肌を思いっきり見せている。ガンツスーツのぴったりとしたフィット感と構成パーツの構造から、ボンテージファッションのようにも見える。手に構えた“Xガン”が攻撃属性のオプションなのも、またSMライクなイメージを醸し出している。

岸本恵フィギュア画像3
岸本恵フィギュア画像2

 ポイントとなるのは、やはり胸。巨乳の名に偽り無しの胸だが、下乳が見えているのがイイのだ。胸元は隠しながらも、下や両脇からは胸がよく見る、ここが水着とは違った魅力をかき立てている。特に丈夫は肩や首までしっかりとカバーされているところとのギャップを楽しみたい。視線を下に下げていくと、ヒップはすらりとしているが、ここにもスーツの食い込みでセクシーさをアップしている。フロントの生地も少なく、黒くフィットしたデザインは拘束具のようにも見える。

 この岸本恵(ガンツスーツver.)を発売したのは、やまと。原型製作は西村直起氏で、1/8スケールとなっている。店頭での販売価格は5000円程度だ。

岸本恵 ガンツスーツフィギュア

GANTZ 22巻 発売

GANTZ22巻

これまで毎回毎回今か今かとGANTZの最新刊を楽しみにしてきましたが、
今回も相変わらずのクオリティです。
普通のマンガだと萎えるような展開もGANTZだと何故かむしろ新鮮に見えてしまいます。
これは初期の頃からあっさり主役級のキャラたちがバタバタ死んだり先の読めない展開という前例が
あるからでしょう。

そして常に予想の斜め上をいってくれます。
友人に1巻だけ貸した翌日にその友人が何度も書店に足を運び全巻コンプリートして
しまっていた時には流石に驚きました。でもそれぐらいこのマンガは先が気になるのです。